越前市の日野山の登り口にある。朝倉氏が栄華を誇った際には一乗道場として隆盛。七堂伽藍を備えていた。天正元(1573)年、織田信長の越前攻めで炎上したという。当時の山門の礎石が残る。

関連記事
あわせて読みたい