陽願寺前参道脇に安置された像は、約30センチの木像の文殊菩薩。天正3(1575)年、織田信長の越前一向一揆制圧後に府中城主となった前田利家の夫人まつ(芳春院)の念持仏と伝わる。越前市本町2。

関連記事
あわせて読みたい