越前町の大谷寺大長院所蔵の国指定重要文化財。像高約94センチ。制作は平安後期ごろ。同寺は越知山を道場とする山岳信仰の拠点で、修験道で不動明王は信仰の対象として最重要視された。