現存する旧武生市市街地最古の絵図で、江戸中期の正徳元(1711)年の作成。市内の経王寺が所蔵。町の中央を北陸道が走り、その東には府中領主の本多家の館。周囲には武家屋敷が配されている。

関連記事
あわせて読みたい