鹿野集落に分布する11基の群集墳。6世紀後半の円墳とみられる。1号墳からはおおい町で唯一の馬具のセットが発見された。金環や直刀、須恵器(すえき)などとともに、被葬者の地位がしのばれる。