大野市下唯野。高さ4メートル、間口4.5メートルで主柱の前後に支柱が立ち、計6本の柱で組んである。直径20センチの丸柱。建てられた年代は不明だが、銘文には寛文12(1672)年と記されていた。

関連記事
あわせて読みたい