鯖江市日の出町の本山誠照寺別院上野別堂の本尊。像高53.6センチで平安時代後期の作。親鸞が越後配流の際、京から自ら背負ってきたとされる。