鯖江市上戸口町の刀那神社。平安時代後期の作。燃えて炭化した所があるが、これは天正2(1574)年、焼失したものとして挙げられている「河嶋の観音、三嶺の観音」であると考えられる。

関連記事
あわせて読みたい