若狭町堤の箱ケ岳山頂にある中世後期の山城。小浜、上中平野のほぼ中央に位置し軍需的要衝だった。総延長は370メートル。山頂からは北川流域のほとんどが見渡せ、遠く小浜湾まで望む。