鯖江市下新庄町の医王山薬師堂。平安時代中期の作で、像高253センチ、ヒノキの一木造り。漆箔(しっぱく)が施されている。越前地方で、平安期までさかのぼる、これだけ大きな坐像は珍しい。

関連記事
あわせて読みたい