鯖江市南井町の片上神社。同神社に所蔵される、三尊から成る白山三所権現のうちの一体。鎌倉時代後期の作。高さ37.2センチ。同神社背後にある文殊山と白山との関係を伝える。市文化財。

関連記事
あわせて読みたい