江戸期に大火に苦しんだ勝山町が防火祈願で本町筋のお種坂の辻に建立した常夜灯。昭和初期に自動車通行の妨げになり通称、毘沙門と親しまれる建雷(たけいかずち)神社境内に移された。