永平寺開祖、道元禅師が越前で最初に開いた道場、吉峰寺(上志比村吉峰)の参道に並ぶ石仏33体を指す。1日に2度、ふもとの吉峰から食事を運んだ弟子の徹通(後の永平寺三世貫首)にちなみ名付けられたと伝わる。