武生(現・越前市)は明治初期、全国的に盛り上がった自由民権運動では県内の中核的な存在だった。雑誌「慷概新誌」は武生の岩堀恒太郎らによって、2年間にわたり16号が発刊された。