鎌倉期に河内国(大阪府)佐山から鋳物師が移住し、鐘などを鋳造した。室町時代には金屋の地名が定着、秋田県の鐘銘にも「遠敷郡小南金屋鋳是」と見える。小浜市金屋。