八坂神社(越前町天王)の国指定重要文化財。昭和38年の本社拝殿改修の際に床下から発見された材で復元。大粒の螺髪(らはつ)や彫りの強い目鼻立ちから11世紀ごろの制作とみられている。