鯖江市水落町4丁目の神明社境内にあり、古来から雨ごい神事が行われていたとされる。神事は、池の底に沈む牛神を引っ張り出すというもので、現在でも池のほとりには座った牛の像がある。