かつて鯖江市内の各地で開かれていたもので、豊作を願いもちを神仏に供えたり、きな粉をごはんにかけて食べたりしていた。田植え後には「やすみよ」と称した骨休みの日もあった。

関連記事
あわせて読みたい