1926年鯖浦電鉄が設立され、当初鯖江市と朝日町の10.5キロ区間で運行した。28年には織田町までの9.4キロが延長。1時間に上下4本が走り多くの利用者があったが、年々減少し、73年に廃線。

関連記事
あわせて読みたい