還元焼成と呼ばれる独自製法で江戸期から作られた越前産の瓦。鉄分を含む釉薬を塗って焼いたため表面が赤くなる。坂井市三国町や越前市などの寺院や民家の屋根に今も数多く残る。