鯖江市旭町土屋家の所蔵で、鯖江藩7代藩主間部詮勝が、短冊を持ちながら思いにふける姿を描いた作品。詮勝の創作意欲を感じさせる作風で、絵の上には詮勝の小伝も掲載されている。

関連記事
あわせて読みたい