遠敷谷の最奥に位置し標高300メートルの山腹に3集落がある。米や大豆のほか炭焼きが行われた。団村には馬を売買する博労(ばくろう)がいた。明治初期には36戸。小浜市上根来・中ノ畑。