西近江路と若狭街道が分岐する交通要衝に位置。慶長期には宿駅が置かれた。道口番所では駄別銀(通行税)を課し、江戸中期には藩収入の十数%を賄った。明治4年まで徴収が続いた。敦賀市道ノ口・岡山町。

関連記事
あわせて読みたい