大野市熊河(くまのこ)と池田町美濃俣の間にあり、標高は約1010メートル。中世、大野の温見(ぬくみ)金山で多く産出された金や銀は、この道を通って福井市の一乗谷へ運ばれたという説もある。