越前市五分市町の町名は織田信長の武将、佐々成政が統治していたころ、領地の5分の1を支配していたことから呼ばれるようになったという。当時の区割りを示す「鉄砲町」「的場」「小丸」といった字名が残る。

関連記事
あわせて読みたい