継体天皇の在位中に、大王を敬慕して祭祀したのが、水門(みなと)神社とされる。三国祭で知られる坂井市三国町の三国神社に合祀され、社額のみが同境内の絵馬堂に残る。

関連記事
あわせて読みたい