大野市の木本と下笹又(旧西谷村)を結ぶ。標高792メートル。1575年武将金森長近らが一向一揆討伐のためこの峠を越えて大野に入ったとされる。1965年の豪雨では自衛隊が救援物資を運んだ。