小浜市浅間。臨済宗妙心寺派。淀君の妹で京極高次の妻だった常高院が1630年、京都より僧を招いて開山した。古文書や常高院の肖像画のほか、客殿には狩野派の手による障壁画がある。