「ふくいの巨木」。大野市上小池の駐車場から刈込池へ向かう遊歩道を500メートルほど下がったところ。幹回り5.6メートル、高さ約18メートル、樹齢約300年。かつては「クリのなり年には一石(約200リットル)も採れた」という。

関連記事
あわせて読みたい