坂井市丸岡町東部にそびえる。標高1045メートルの南側の峰(南丈競山)と標高964メートルの北側の峰(北丈競山)が、背の高さを競い合っているように見えることが、山名の由来とされる。

関連記事
あわせて読みたい