大野市宝慶寺。間口6間、奥行き4間、入り母屋造り、かやぶきの江戸時代中期の建物で、越前Ⅱ型と呼ばれる形式に分類される。山村の生活を物語る貴重な資料で、10月末までの日曜、祝日に開放されている。

関連記事
あわせて読みたい