大野市の曹洞宗宝慶寺境内。高さ28メートル、幹回り6メートル、推定樹齢は600年。宝慶寺2世の義雲(ぎうん)禅師が植えたと伝えられるが、推定樹齢は100年ほど若い。1958年、市天然記念物に指定された。

関連記事
あわせて読みたい