南越前町西大道の妙泰寺が所蔵。大きさは縦3.55メートル、横3.8メートル。府中(現在の越前市)に住んでいたとされる狩野一族の狩野祐徳が描いたとされ、安土桃山時代前後ではないかと推定されている。