越前市神明町(旧橘町)の北陸道にあった。文政13(1830)年に建てられた。毎日日暮れになると種油を注いで火がともされていた武生の名物だったが、第二次大戦中に金属回収のため供出され姿を消した。

関連記事
あわせて読みたい