越前市武生柳町1丁目にある真照寺の前庭にある。高さは1.1-1.4メートル、幅は3.5メートルの流紋岩。元は寺の北側にあったが、移されたという。古くはしめ縄を張り、年に何回かは灯明をともしたという。