奈良期に泰澄大師が建立したと伝えられる「豊原寺」跡にある霊泉。「閼伽(あか)井」の閼伽は、仏教用語で仏前に供える清らかな水をいい、その清らかな水をくむ井戸を差す。現在も坂井市丸岡町の豊原寺跡に残る。