若狭と丹波を結ぶ古道が通り物資や京文化の結節地を担う。南北朝期から陰陽師・安倍家が移住し関与。江戸以降、谷川家が安倍家の守護神・泰山府君の信仰を広めてきた。おおい町納田終。

関連記事
あわせて読みたい