古代より遠敷郷の中心地で、国衙(こくが)の所在地と推定される府中に近い。近世には越前幸若舞の一派が居住した。若狭彦神社の神職・牟久(むく)氏にかかわる地名も残る。小浜市遠敷。

関連記事
あわせて読みたい