大島半島の東部、7集落がある。9世紀ごろに堆積砂洲(たいせきさす)で陸続きとなった。江戸期には110戸あった。古代信仰の原形、ニソの杜(もり)と呼ばれる森が30カ所もある。