越前市の中心市街地のメーンストリートでそのにぎわいは中世から続いた。町人が総社大神宮に敷地料として油代を納め営業していたことから江戸初期までは油在家町。江戸中期以降は室町と呼ばれた。呉服店が多かった。

関連記事
あわせて読みたい