敵軍が城下町に侵入した際、兵が直進できないよう故意にクランク上にした道路。鯖江市では現在でも旭町3丁目などにみられ、江戸期の鯖江城下の構造を知ることができる。