越前市東千福町の紫式部公園内にある。台座約2.4メートルの上にあり総高は約2.7メートル。金色に輝く十二単(ひとえ)姿。旧武生市の市制35周年を記念し建立。彫刻は日本芸術院会員だった圓鍔勝三氏の作。