耳川の上流にあり、弥生時代の大日原遺跡がある。新庄道は江戸から明治まで海産物や炭を近畿方面へ運ぶ要路だった。粟柄(あわがら)峠に関所を設け高木伝右衛門が代々関守を務めた。美浜町新庄。