JR東海によると9月15日午後7時45分ごろ、東海道新幹線静岡駅構内で、線路上に人が立ち入ったのを駅員が発見したため、新富士―掛川間の上下線で運転を見合わせた。安全を確認し、約1時間後の午後8時46分に運転を再開した。この影響で上下線の一部の列車に遅れが出ている。

 JR東海などによると、発見した駅員が非常停止ボタンを押した。ホームから線路内に下りる人が防犯カメラに写っていた。成人男性とみられる。

関連記事