埼玉県川越市の新井喜一市議(68)から太ももを触られるなどのセクハラを受けたとして、同市の30代の女性職員が14日、市議会に厳重な処分を求める要請書を提出した。新井市議は取材に「何のことか分からない」と話している。

 女性の代理人弁護士によると、女性は4月、懇親会の席で新井市議の隣の席になり、無理に飲酒を勧められた上、太ももを触られた。その後、飲み会に何度も誘われ、女性は職場の上司に被害を相談したが状況は変わらず、市議から「男に抱かれるっていいだろう?」などと性的な言動を繰り返されたとしている。

関連記事