ハンドボール少年女子1回戦 福井―山口 後半、切り込んでシュートする福井の酒井優貴子(中央)=福井県永平寺町の北陸電力福井体育館

 【福井国体ハンドボール少年女子・山口27―26福井】

 またも1点差に泣いた。少年女子で福井商業高主体の福井が対戦した山口は、全国高校総体3回戦で同校が1点差で敗れた高水高が主体。リベンジできず選手たちは悔し涙が止まらなかった。

 序盤、主将の酒井優貴子らが3連続得点。組織的な守りで山口の個人技やサイド攻撃を封じ、最高の滑り出しだった。

 後半は一時4点リード。しかし「勝負所で決めきれなかった」(南保智史監督)。枠内にシュートが入らず、逆に山口に速攻を決められる。試合終了残り3分で逆転を許した。

 26―27で終了直前、山口の選手のファウルで、ノータイムフリースローを獲得した。送り出されたのはエース久保奈津季。相手6人の壁を前に放ったシュートは惜しくもゴール上に流れた。

 酒井や久保ら3年生5人は小中学で一緒にプレーし、それぞれ全国制覇。高校でも全国制覇を目指しそろって福井商業高に進学した。福井国体は頂点を狙う最後のチャンスだった。「1分1秒でも長く試合がしたかった」。酒井は悔しがったが「地元の大声援の中で楽しくできました」と最後は笑顔でコートを去った。

永平寺町
めぐる感動 心つながる清流のまち
【編集部が勝手にオススメ】▽観光 大本山永平寺、浄法寺山▽味覚 永平寺そば、ご…
ハンドボール
1チーム7人。競技時間は前・後半とも30分。▽成年男子、少年男子【会期】9月1…
ハンドボール
関連記事