北海道で震度7を観測した地震の発生から1週間がたったのを受け、気象庁の松森敏幸地震津波監視課長が13日、記者会見し「地震発生数は緩やかに減っているが活動は依然として活発。今後1週間ほどは震度5弱程度以上の地震に注意してほしい」と呼び掛けた。

 解析の結果、6日午前6時11分に震度5弱の地震があったとも明らかに。気象庁によると、6日未明の震度7の地震後、13日までに震度1以上の地震が238回起きている。うち震度5弱が1回、震度4が13回、震度3が26回。

 松森氏は「復旧活動の際は地震活動や降雨状況に十分注意し、できる限り危険な場所を避けてほしい」と話した。

関連記事