埼玉県熊谷市で2015年9月、男女6人が殺害された事件で、県警が不審者情報を周辺住民に提供しなかったため、被害を防げず妻と小学生の娘2人が犠牲になったとして、遺族の男性(45)が14日に県を相手取り、約6400万円の損害賠償を求める訴訟を起こすことが13日、分かった。男性は「警察に落ち度があったと認め、謝罪してほしい」と話している。

 さいたま地裁判決などによると、ペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(33)=強盗殺人などの罪で死刑判決、東京高裁に控訴=は15年9月13日、熊谷署から逃走。翌14〜16日にかけ、住宅3軒に侵入し6人を殺害した。

関連記事