気象庁は12日、東京の硫黄島で海底噴火が発生したとみられると発表した。自衛隊機による観測で、島の南側の沿岸で海水が海面から5〜10メートルの高さで噴き出しているのが確認されたという。

 気象庁によると、硫黄島では8日午前2時ごろから火山性地震の多い状態が続き、11日午後8時時ごろから火山性微動も起こっている。火山活動が活発化しており、今後も噴火する恐れがある。

 硫黄島は海上、航空両自衛隊の基地があり、民間人の上陸は制限されている。

関連記事