菅義偉官房長官は12日の記者会見で、前提条件抜きの平和条約締結を求めたプーチン・ロシア大統領の発言に関し「北方四島の帰属問題を解決し、平和条約を締結する日本の方針に変わりはない。引き続き粘り強く交渉していきたい」と述べた。

 同時に、10日にロシア極東ウラジオストクで開催された日ロ首脳会談の際には「そうした発言はなかった」と明らかにした。

 日本政府高官は、ロシア側に発言の真意の確認や抗議は「しない」と明言した。

関連記事